« 参院選いよいよ最終日 | トップページ | 広がる期待 »

2013年7月22日 (月)

参議院選挙躍進

 参議院選挙で日本共産党は、比例5議席、選挙区3議席、合計8議席と躍進することができました。

 岡山選挙区は及びませんでしたが、投票率が大きく下がる中、3年前の私の得票を157票上回り、65,455票と前進することができました。

 山陽新聞に「経験豊富な夫の雄一氏が選挙戦を支え」と書かれていましたが、今回は家族として支えるとともに、ネットでのブログの管理などもおこないました。
しかし、党員や支援者の皆さんの支えが一番であったと思います。ありがとうございました。

 岡山県内の比例代表は18,262票も上回り62,376票。仁比そうへい候補をはじめ5議席の当選に貢献することができました

 参議院では非改選と合わせて11議席となり、党首討論への参加、議案提案権も獲得することができました。

 これからも選挙中に掲げた公約実現に向けてがんばります。ありがとうございました。

 今夜は妻の慰労で家族そろって食事会をしました。妻は疲れはあると思いますが、いたって元気です。少し休んでまた頑張ってくれると思います。

« 参院選いよいよ最終日 | トップページ | 広がる期待 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

八議席の当選で今まで以上に国会活動ができる必要条件を用意してもらえました。
政策を実現するために機知縦横しながらの活動をお願いします。

業者を使いながらコンピュータ・システム化している思われる自民党などのネットの使い方を研究されていますか。

地方党組織ではそこまでの体制はありませんが、党中央は研究しています。

今回話題になった「カクサン部」も広告会社と相談して作ったものです。

ネット選挙は始まったばかりで、まだ試行錯誤のところもあります。今回の教訓を今後に生かしていきたいと思います。

> 今回話題になった「カクサン部」も広告会社と相談して作ったものです。

手間がかかるので(お金がかかるので)全てとはいかないでしょうが、考え方を生かして、赤旗や日本共産党中央委員会のサイトの改善に役立てたいですね。

「同社は、自民党がWebサイトなどの「オウンドメディア」(所有するメディア)、ネット広告などの「メイドメディア」(買うメディア)、SNSなどの「アーンドメディア」(評判を得るメディア)の3メディアを戦略的に活用したと分析している。」

巧みだった自民党のネット戦略 参院選分析  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2603T_W3A720C1000000/

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙躍進:

« 参院選いよいよ最終日 | トップページ | 広がる期待 »